東武動物公園

動物園と遊園地が融合したハイブリッドレジャーランドの東武動物公園

ネコ目ネコ科ヒョウ属アムールヒョウ

  • アムールヒョウ

朝鮮半島、中国東北部とロシア南東部(アムール川流域)に分布していたが、現在はロシア南東部の森林に生息しているだけで絶滅する可能性が非常に高く危惧されている。環境破壊や毛皮などのための密猟で激減してしまった。
食性は肉食。魚や魚卵、シカ、ウサギ、アナグマ、小型齧歯類などを捕食する。
WWFの2013年の調査結果では野生のアムールヒョウは48-50頭と推測される。少なくとも43-45頭の成獣と、4-5頭の幼獣が生息していることが確認され、2007年の調査では27-34頭であったことと比べると、1.5倍に増加しており、回復の兆しを見せている。

広島県の福山市立動物園からやってきたカランちゃん。暑さが苦手なので、部屋にはクーラーが付いて、とても快適に過ごしています。
ヒョウの仲間では比較的体も大きくなります。

動物図鑑へ戻る
飼育係のつぶやき
動物園の一日
東武動物公園ZOOっと友達チャンネル
トッピークラブ